光文社新書<br> 官製不況 - なぜ「日本売り」が進むのか

個数:1
紙書籍版価格 ¥814
  • Kinoppy
  • Reader

光文社新書
官製不況 - なぜ「日本売り」が進むのか

  • 著者名:門倉貴史
  • 価格 ¥726(本体¥660)
  • 光文社(2008/04発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

いま手を打たないと「失われた10年」の再来だ!――サブプライムローン問題以降、日本と世界の経済はどうなっているのか? 気鋭のエコノミストが、その見取り図を示す。

目次

プロローグ
第1章 なぜ日本の株は下がり続けるのか?
第2章 モラルハザードと官製不況
第3章 なぜ「ワーキングプア」が増えるのか?
第4章 なぜ年金財政は破綻寸前なのか?
第5章 サブプライム問題と世界的なカネ余り