乳房

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

乳房

  • 著者名:池波正太郎
  • 価格 ¥440(本体¥400)
  • 文藝春秋(2013/07発売)
  • 【kinoppy】文藝春秋 電書の森フェア2021 ポイント40倍!(~9/30まで)
  • ポイント 160pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167142872
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「まるで不作の生大根(なまだいこん)をかじっているようだ」と男に自分の身体をけなされ、その煙管職人をお松が殺した頃、長谷川平蔵は旗本として退屈な日々を送っていた。その平蔵が火付盗賊改方に就任した直後の捕り物と、お松の数奇な人生が絡み合うことになろうとは……。平蔵が「男にはない乳房が女というものを強くするのだ」とふと洩らす。過酷な運命を背負う、女だけでなく男の生き方をも、情感ゆたかに描きだした鬼平犯科帳番外編。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

126
鬼平犯科帳の番外編で、「お松」という女性を主人公にしたもので、それにからんで長谷川平蔵が火盗取締改に着く前後の話となっていて結構長い期間についての話を長編にしたものです。本体に出てくる密偵ではなく別のいわゆる「豆岩」といわれる人物が活躍します。人間の弱さなどがうまく描かれていると感じます。2017/07/04

ぶんぶん

21
【図書館】鬼平シリーズの番外編。 ひとりの女の数奇な人生に鬼平を絡めて描く作品。 「不作の生大根をかじってるようだ」と言われ続けた女、それが男の手によって生まれ変わるマイ・フェア・レディ的な物語。 お松の人生に影を落す男たち、それに関わって行く長谷川平蔵。 平蔵の火盗改めに任命される当初にスポットを当てて、人殺しの女の紆余曲折の人生をサスペンスフルに描くスペクタル・ロマン。 「男には無い乳房が女を強くする」と鬼平は言うが・・・長編の傑作と思う。 2020/06/26

navyblue

19
 鬼平犯科帳の番外編。一度読み出したらとまらない。長谷川平蔵が火盗改めのお役目に就く前の物語。お松という一人の女性の人生と鬼平の人生がところどころうまく交差していく。お松はなんだかんだといいながら、自分の身の上に起こるできごとを受け入れ、しっかりと自分の足で立って生きていくある意味とてもたくましい女性だ。そして、そんなお松を遠くからあたたかく見つめる平蔵の大きな心が、読者にもよく伝わるのではないだろうか。読み応え有り、読了感も清々しい。2018/05/11

HIRO1970

19
☆☆☆ 鬼平番外編 若き日の平蔵 思いがけず又出会えてよかった。2012/07/24

shizuka_電気うさぎ

12
元の情夫を殺してしまったお松の数奇な運命と火盗改メ就任前後の平蔵が間接的に語られていく。ここでもキーマンは密偵。「悪の汁を吸いながら、悪の実と闘う」の一文は平蔵自身のことでありながら密偵のことにもとれる。平蔵が密偵にかけたたった一言、「察するぞ」。これだけで密偵の心を掴みきるのは閻魔であることを運命づけられた長谷川平蔵のみができることだろう。お松を助けるお兼婆の徒ならぬ人間力、岩五郎の女房の気風の良さも見どころ。特筆すべきはケチな人間がでてこないところだろう。とにかく抜群に面白い。2017/05/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/555612

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。