幻冬舎新書<br> 自分に適した仕事がないと思ったら読む本 落ちこぼれの就職・転職術

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

幻冬舎新書
自分に適した仕事がないと思ったら読む本 落ちこぼれの就職・転職術

  • 著者名:福澤徹三【著】
  • 価格 ¥752(本体¥684)
  • 特価 ¥526(本体¥479)
  • 幻冬舎(2016/02発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

富める者はますます富み、貧しい者はますます貧しくなる時代。年収二百万円以下の給与所得者は、すでに一千万人を超えた。拡大する賃金格差は、能力でも労働時間でもなく、単に「入った企業の差」である。こんな世の中だから、仕事にやる気がでなくてあたりまえ。しかし働くよりほかに道はない。格差社会のなかで「就職」をどうとらえ、どう活かすべきなのか? マニュアル的発想に頼らない、親子で考える就職哲学。

目次

第1章 やる気がでなくてあたりまえ(格差社会は差別社会である 親が貧乏なら子も貧乏 ほか)
第2章 だめな企業ほど求人する(入った企業で、お辞儀の数が決まる いつも求人しているのは、いつも社員が辞めるから ほか)
第3章 苦手な奴こそ財産である(遅れてきた新人になるな 仕事は自分で作るもの ほか)
第4章 職場では、これだけ守れ(時間は金より大事 嘘は弱点を作る ほか)