奈緒子

個数:1
紙書籍版価格 ¥502
  • Kinoppy
  • Reader

奈緒子

  • ISBN:9784094082395

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

長崎県波切(なみきり)島。奈緒子(なおこ)はその島で、走ることが大好きな少年・雄介と出会った。しかし、船で沖へ出た日、誤って転落した彼女を助けようとして雄介の父が命を落とす。「父ちゃんを返せ!」雄介から詰め寄られ、奈緒子はずっと罪の意識に苦しんでいた。 それから六年――。再会した雄介は〈日本海の疾風(かぜ)〉と呼ばれ、高校陸上界のトップランナーになっていた。雄介の走る姿を見ているだけで、奈緒子の胸は高鳴り、熱くなる。 伝説の駅伝コミック『奈緒子』原作の映画を完全ノベライズ化! 青春の痛みと汗をタスキにして、奈緒子と雄介、ふたりの時間が再び動き出す。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

もりみん

7
映画のノベライズ版であるらしく、文字にすることで表面化してしまう設定の有り得なさが興醒めだ。部員ひとりひとりの描写が追いつかずに、ラストの駅伝の所で無理やり詰め込んだ感がある。せめてもう少し話に厚みがほしかったが、やはりノベライズ版では無理があるのだろう。2016/10/22

もえみん

4
ノベライズだからかなー、あっさりしすぎてた。笑 展開がありがちなだけに、大筋だけ書かれてしまうと読み応えはあんまりなかった。駅伝のシーンも、それまで個々のキャラクターに焦点が当てられてきていないので、走ってるところだけ取り出されても思い入れがそんなになかったかなぁ。原作はけっこう巻数もけっこうあるし、ちょっと読んでみようかな、とは思ったけど、だいたいストーリーが分かってしまったうえで読むのもなんかなぁ、みたいな感じ。笑2017/06/09

入江大和

2
メモを見ながらの記録。映画を観て読んだような気がする。映画は、春馬君が素敵でした。2008/02/21

ひまぐろ

2
そうとは知らずに買ったけど、コミックのノベライズ版なんだ。どおりで。。。。。 ぶっちゃけ小説で読むようなものじゃないなぁ。2012/06/23

Tatsuya Nakai

1
ところどころ設定に無理があるけど・・・。ハッピーエンドでよいんじゃない。2013/09/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/111688

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。