「宝くじは、有楽町チャンスセンター1番窓口で買え!」は本当か?

個数:1
紙書籍版価格 ¥756
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

「宝くじは、有楽町チャンスセンター1番窓口で買え!」は本当か?

  • 著者名:山本御稔【著】
  • 価格 ¥756(本体¥700)
  • 特価 ¥378(本体¥350)
  • SBクリエイティブ(2015/05発売)
  • ポイント 3pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

私たちは「お金の使い方」において、いつも合理的に判断しているつもりではある。しかし実際のところ、下がる株をいつまでも持ち続けてしまったり、クレジットカードを持つと思わず無駄遣いをしてしまったりする。このように、人が一見不合理な判断をしてしまう理由を学問的に解明するのが「行動経済学」である。本書では、最先端の行動経済学の理論を基礎にして、人々がお金を使う際に失敗しやすい傾向を分析する。本書を読むことで、自分のお金を使う際の傾向や弱点を発見することができ、賢いお金の使い方を学ぶことができる。

目次

「宝くじは、有楽町チャンスセンター1番窓口で買え!」は本当か?
プロのファンドマネージャーでも市場平均に勝てないって本当か?
臨時収入は、なぜ酒代に消えてしまうのか?
新築時には、なぜサイフのヒモが緩むのか?
なぜ損するとわかっていながらも、下落する株を持ち続けてしまうのか?
買い物で貯まったポイントの正しい使い方とは?
試食コーナーのウインナーを食べる時の心がまえとは?
ルーレットで4回連続で「赤」が出た後に、また「赤」が出る確率は?
金利が高いとウサギが亀に勝ってしまうのはどうしてか?
年収の20倍もするチューリップは、なぜ飛ぶように売れたのか?
どんなに騒がしくても、「あ!カネが落ちている!」が聞こえてしまうのはなぜか?
「海外市場より日本市場の方が安心!」は本当か?