PHP新書<br> 人間関係のしきたり

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader

PHP新書
人間関係のしきたり

  • 著者名:川北義則
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • PHP研究所(2007/10発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784569694740
  • NDC分類:361.4

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「暗黙の了解」「以心伝心」「言わぬが花」―日本人は昔から、言葉を交わさなくてもわかり合える間柄を大切にしてきた。
ところがいまは気に入られようと媚びるあまり、自分で自分の神経をする減らしている人が多いのではないか。
たしかに「人とうまくやりたいなら、ほめること」。
でも「だれにも好かれようと思ってはいけない」。
ときには「人脈をリストラする覚悟も」…。
悩み尽きない職場の人間関係から、きめ細やかな男女の仲まで。
人づきあいのカンを身につけ、強き大人としてふるまうための62の大切な心得。

目次

第1章 好かれようと思ってはいけない(好かれる人にならなくてもいい;小さな弱みをさらすと親密になれる ほか)
第2章 思い切って「つきあう」のをやめてみる(「つきあいを絶つ」のも重要なテクニック;イヤな奴とはつきあわないにかぎる ほか)
第3章 意味のある男と女の関係をつくる(口説くのはドキドキ状態のときがいい;一方的に強引に相手を変えようとする試みは失敗する ほか)
第4章 自分の器は大きいか、小さいか(自分で自分をほめる癖をつける;自己陶酔するのも一つの才能 ほか)
第5章 人間関係力を鍛えなおす(人生の観察者になる;ギブ&テイクは心してやる ほか)