新潮新書<br> 母の介護―102歳で看取るまで―

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

新潮新書
母の介護―102歳で看取るまで―

  • 著者名:坪内ミキ子【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 新潮社(2012/03発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784106102233

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

宝塚一期生のスターだった母。あんなにプライドが高く、かくしゃくとしていたのに、寝たきりになったとたん、「わがままな老婆」に成り果ててしまった。際限なく続く夜の拷問、減り続けるお金、家事と仕事のやりくり。すべては一人娘の私の肩にのしかかってきた。それでも九十六歳の母は「長くない」と思っていたのだが……。先の見えないトンネルの中で過ごした六年の記録。

目次

第1章 転んだ母が寝たきりに
第2章 入院生活のはじまり
第3章 「女王様」の肖像
第4章 女優業と家庭の間で
第5章 転院
第6章 在宅介護の態勢を整える
第7章 同潤会江戸川アパートメントハウス
第8章 最後の日々

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

めぐ

27
介護に莫大なお金を使いました。介護は30人以上のヘルパーさんにやってもらいました。死に際もヘルパーさんが看取りました。の話の合間に、いかに有名人や著名人に囲まれていた人生だったかいかに、自分や両親が役者などで活躍していたか語りまくる、全く介護の参考にならない本。読むのが苦痛で、途中、放置していた。2015/11/20

エスティマ

1
介護必要とする親が私には居る。遠く離れて暮らしている理由と親の近くに姉妹が4人住んで居ることも理由で介護から逃れられている。姉弟の中でたった1人の長男のお嫁さんが、一生懸命完璧に介護をしているなどを聞いたり見たり(里帰り時) したが、体験者の本を読んだ後は、仕事をリタイアして4年の私はこれで良いのだろうか、と普段より強く思わされます。2014/08/31

こぶた

0
★★★★ 突然、介護生活に入ることになった著者は、本当に大変だったと思うし、自分の親のことだけでなく、自分の老後も心配になる。お母様の人生についても触れているが、介護は、そういうものを見直す機会にもなるのかもしれない。2009/10/01

rakuneko

0
馬には乗ってみよ、人には添うてみよ2008/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/57010

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。