光文社文庫<br> 色即ぜねれいしょん

個数:1
紙書籍版価格 ¥628
  • Kinoppy
  • Reader

光文社文庫
色即ぜねれいしょん

  • 著者名:みうらじゅん
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 光文社(2007/07発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784334742768
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

内容説明

09年夏公開、映画原作! 「僕」は仏教系男子校に通う高校一年生・「イヌ」こと乾純(いぬいじゅん)。彼女なし、もちろん童貞だ。ボブ・ディランに憧れ作曲に燃えてはいても、平凡で退屈な毎日――。「フリーセックスの島行かへん?」。そのひと言から、僕の夏休みはきらめき始める。友達二人とともに訪れた隠岐島(おきのしま)で、僕らを待っていたのは……。少年が成長する姿をコミカルに温かく描く、自伝的青春小説!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ユザキ部長

71
色即是空。なんだフリーセックス、Hしまくりの島は存在しないのか。って当たり前だ(笑)多分この子達には解っていたけど、もしかしたら?の意識があったろう。是すなわち無し。虚しさばかりでも、一緒に体験した友達は有難い。2020/06/06

鱒子

69
ヤンキーが幅を効かせる学校生活の中、友達からの誘いは「夏休みにフリーセックスの島へ行かへん?」 童貞小説というジャンルがあるならば、本作はまぎれもなくその最高峰です。胸がギュッと切なくて、なんだか泣きたくなりました。解説の銀杏BOYZの峯田さん、素晴らしかったです。わたしも みうらさん、大好き。2018/11/21

TATA

44
傑作!「エロエロと仏像の伝道師」みうらじゅんさんの自伝的作品。京都の高校生、乾君はモテない妄想系高校生、それも仏教系。一夏の思い出を求めてやっぱりイケてない友人たちと隠岐島へ。そこで出会った人達からいつもの生活では得られない経験を得る。相当歪んでるけど(笑)これも立派なスタンドバイミーもの。アホでエロ妄想な内容も多いので中学生の息子に表立っては薦めないけど、読んでるのを見たら嬉しいだろうな、そんな一冊。2018/07/08

はらぺこ

35
オモロかった。 ええ意味でアホな話でした。 映画ではオリーブ役を臼田あさ美がやってるって事はノーブラ乳首も透け水着も多分無いんやろなぁ。2015/03/13

エドワード

32
私も男子校出身、モヤモヤした若き煩悩はよくわかる。頭の中は<女女女恋人恋人デート○ックス>しかない仏教系男子校の文化系男子・乾純クン、隠岐のユースホステルがフリー○ックスの宿と信じて乗り込む夏の旅。山陰線米子行夜行列車が泣かせるね。青春ノイローゼという言葉がピッタリ、70年代らしいほろ苦さが懐かしい。精一杯背伸びする純クンがナイーブで可愛らしすぎ!オリーブなる女子大生に手を触れただけで昇天だ!ボブ・ディランを愛する純クンの作る詞が心にしみるね。30年後に訪れた隠岐で彼が感じたものこそ色即是空だ。2015/09/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/572490

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。