ゆらぎの森のシエラ

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ゆらぎの森のシエラ

  • 著者名:菅浩江【著】
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 東京創元社(2012/04発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784488724016

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

塩の霧に閉ざされて立ち枯れする森と、凶暴化した異形の動植物に囲まれた地キヌーヌ。化け物に姿を変えられ、図らずも殺人に手を染めた青年・金目(キンメ)は、彼を騎士と呼び慕う不思議な少女・シエラとの出会いによって自我を取り戻す。彼女の周囲からは霧は遠ざけられ、草原は穏やかな風と陽光に満ち溢れるのだった。金目は己を化け物に変えた主人パナードへの復讐を誓うが、理想郷を目指すパナードの執念の前に苦戦を強いられる。そして急速に成長するシエラの身体は、世界の原理そのものと繋がり始める。清新な抒情と稀有の想像力に彩られた、著者の初長編にしてSFファンタジーの傑作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

miroku

15
人と自然と魔物と・・・。真直ぐなファンタジー。菅さんらしい繊細さと優しさに満ちた物語。2013/08/16

あづさ/kyoka

6
SFかと思いきやファンタジー。この作者としては珍しい作風かも。情景の描写が丁寧で絵本を見ているような気持ちで読めます。対して戦闘シーンはちょっと読み難いかも。2021/10/03

にく

5
タイトルもあらすじもまるでファンタジーだけど、SFなんだよねぇ?と半信半疑で読んだら、ファンタジーでしかなかった…。けれど、解説に「抽象的な進化を扱っている」とあって、ああ、「SF小説」だったなぁと腑に落ちた。王道ファンタジーのような、お伽話のような雰囲気が読みやすいか読みにくいか、分かれそう。2018/04/16

いつみ

5
20年以上前のファンタジー。時代からするとこれがベースかと思えるほど、ナウシカやひかわさんのあれこれやらが頭に浮かんだよ。でも初っ端のシエラに傾く金目が唐突過ぎた気も。擦れた今でなく純粋な子供の頃に読みたかったなあ(笑)2015/09/14

けいちゃっぷ

5
読後、というか読書中でも「なんだかなあ」という印象。2007/04/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/458871

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。