【笠間文庫】影印シリーズ<br> 高松宮本堤中納言物語

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,420
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

【笠間文庫】影印シリーズ
高松宮本堤中納言物語

  • 著者名:池田利夫【編】
  • 価格 ¥2,420(本体¥2,200)
  • 笠間書院(2014/12発売)
  • 山の日の3連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/10)
  • ポイント 550pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

堤中納言物語は、それぞれの物語の作者や成立が別だと見られる上に、鎌倉・室町時代古写本を欠くのが謎を深くしているが、そうした中で本来の形態とおぼしい十冊本のうち、まさに霊元天皇に溯る高松宮本の風格と気品。詳細な解説と書写関係が近接する桂宮本との厳密な校異付き。

目次

本文(外題による)(花さくらおる少将
このつゐて
虫めつる姫君
ほとほとのけさう
あふさかこえぬ権中納言 ほか)
解説(天喜三年六条斎院〓(ばい)子内親王家歌合
作者・編者について
題号の由来
短編物語の内容
諸本と編序について ほか)