文系のための使える理系思考術 - 数字が苦手でも大丈夫!

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,404
  • Kinoppy
  • Reader

文系のための使える理系思考術 - 数字が苦手でも大丈夫!


ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「説得力を身につけたい」と願うアナタへ――。

理系思考って何? 数字をどう使えば効果的? マクロとミクロの発想の違いとは? 理系思考が苦手な文系の人に贈る「使える思考術」。

以前から著者は、「現代のように変化の速い時代には理系発想のほうが有利であり、ビジネスチャンスもつかみやすい」と主張し続けている。著者の定義する理系発想とは、従来の常識や権威にとらわれず、「何事も試してみないとわからない」と考えてみたり、本当にそうなのかを実地で観察しようとしたり、あるいは統計数値や追跡調査にあたって根拠(エビデンス)を求めようと努めたり、それに基づいて議論を行う――という思考態度のことである。

▼しかし著者によれば、実は日本の教育――とくに高校までの教育――では、そうしたことが教えられてこなかったという。社会に出てからも、理系発想を学ぶ機会はなかなかない。学校や社会が教えてくれないのであれば、自分で身につけるしかない。それを、文系出身の人にもわかりやすい形で伝えるのが本書の目的である。

▼「ダマされたくない」「損をしたくない」「説得力を身につけたい」と願う人々にもおススメの一冊。

●序章 理系思考とは何か? 
●第一章 エビデンス思考の時代 
●第二章 論理思考の基本 
●第三章 数字をどう使うか 
●第四章 マクロの発想とミクロの発想の違いを知る 
●第五章 認知心理学、認知科学と理系発想

目次

序章 理系思考とは何か?
第1章 エビデンス思考の時代
第2章 論理思考の基本
第3章 数字をどう使うか
第4章 マクロの発想とミクロの発想の違いを知る
第5章 認知心理学、認知科学と理系発想