幻冬舎文庫<br> 捲り眩られ降り振られ

個数:1
紙書籍版価格 ¥628
  • Kinoppy
  • Reader

幻冬舎文庫
捲り眩られ降り振られ

  • 著者名:白川道【著】
  • 価格 ¥596(本体¥542)
  • 幻冬舎(2016/02発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

私の真似などなさらぬように――競輪歴四十年、投資総額十億円の無頼派作家のブッ壊れ人生! 印税は振込みと同時に博打で消え、税金滞納、借金三昧の日々。金を手にすりゃ毎晩豪遊、預金残高はいつもゼロ。引き換えに得たのは、気品と切なさが漂う人生哲学。歓喜と落胆が一瞬で交錯するギャンブルの魅力とは? 豪華ゲストの競輪体験記も併録。

目次

暑かったはじまりの日(~二〇〇一・十一)
虚々実々を推理して(~二〇〇一・十二)
このまま足を洗おうか(~二〇〇二・一)
万が一にも負けるわけには(~二〇〇二・二)
競輪は金網越しに(~二〇〇二・三)
五十ヶ所中四十九ヶ所(~二〇〇二・四)
溢れ出る過剰な水(~二〇〇二・五)
人生に必要な三つ(~二〇〇二・六)
人間の一生は、作ったり、壊したり(~二〇〇二・七)
昭和二十年に生まれて(~二〇〇二・八)〔ほか〕