印欧祖語の母音組織 : 研究史要説と試論

個数:1
紙書籍版価格
¥4,180
  • 電子書籍
  • Reader

印欧祖語の母音組織 : 研究史要説と試論

  • 著者名:神山孝夫【著】
  • 価格 ¥2,970(本体¥2,700)
  • 大学教育出版(2013/12発売)
  • ポイント 27pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784887307186

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

2世紀以上にわたる研究成果を踏まえ、新たな視点から印欧祖語の母音組織と母音交替現象の謎に迫る。内外の主な研究者の写真と経歴・業績が掲載され、印欧語比較言語学と言語類型論の発達史を概観するのにも有益。

目次

第1章 印欧祖語の歴史性と再建成果見直しの必要性
第2章 印欧語比較言語学の誕生と母音組織の模索
第3章 母音組織理解の進展
第4章 言語類型論と印欧祖語
第5章 印欧祖語母音組織再考
付節 日本における印欧語比較言語学の系譜