統計数字を疑う - なぜ実感とズレるのか?

個数:1
紙書籍版価格 ¥799
  • Kinoppy
  • Reader

統計数字を疑う - なぜ実感とズレるのか?

  • 著者名:門倉貴史
  • 価格 ¥616(本体¥571)
  • 光文社(2011/11発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「積極的な人」、「大人しい人」、「怒りやすい人」、「泣きやすい人」、「せっかちな人」、「のんきな人」など、人間一人一人が独特の性格や行動パターンを持っているのと同じように、ひとつひとつの統計も、「上振れしやすい統計」、「下振れしやすい統計」、「変動の大きい統計」、「変動の小さい統計」など、独特のクセや動きのパターンを持っているのだ。具体的事例で統計センスを身につける本。【光文社新書】

目次

第1章 「平均」に秘められた謎(「平均」という「記述統計」 男性の好みは平均顔の女性? ほか)<br/>第2章 通説を疑う(「みせかけの相関」にだまされない グレンジャーの因果性テスト ほか)<br/>第3章 経済効果を疑う(誰でも簡単にできる経済効果の推計 生産誘発額 ほか)<br/>第4章 もう統計にだまされない―統計のクセ、バイアスを理解する(景気判断の方法 なぜ私たちは景気の回復を実感できないのか ほか)<br/>第5章 公式統計には表れない地下経済(経済の本音とタテマエ 「善女のパン」 ほか)