講談社文庫<br> 高瀬川

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文庫
高瀬川

  • 著者名:平野啓一郎【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2014/10発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062755399

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

小説家と女性誌編集者が過ごす、京都の一夜を繊細な心理主義的方法で描き、現代の「性」を見つめる「高瀬川」。亡くした実母の面影を慕う少年と不倫を続ける女性の人生が並列して進行し、やがて1つに交錯する「氷塊」。記憶と現実の世界の間(あわい)をたゆたう「清水」など、斬新で、美しい技法を駆使した短編4作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Shinji

106
初読みの平野啓一郎さん。かなり技巧的な文学作品ですね。読まれた方のレビューを見ると結構チャレンジ感の強い作品のようではあるのだけどキチンと著者の流れはくんでいる様でした。どの作品も理解力の無い私にとっては難しすぎてポイントの持っていき所に悩みましたが、「氷塊」の進行技法と上下各男女パートの些細な事象につまづくような微妙な気持ちの揺れの表現は綺麗の一言でした。後、表題の「高瀬川」はひょっとして著者の実体験からくるお話なんでしょうか?2017/02/04

ケイ

88
平野さんは実験的に色々と試みられたのだと思う。四つの短編は、それぞれ構成が違ったり、性描写が激しかったり、心の交流を描いていたり、変化にとんでいるという意味では飽きさせない。しかし、私は小説には心にひびくストーリーや、高揚感、娯楽性を求めるのだが、それを満足させてくれるものではなかった。とても上手いけれど、その先にいくには何かが足りない気がする。2014/11/14

James Hayashi

34
表題作は作家と編集者の性愛を描いているが、生々しい描写はエロティックであるが文学性も感じる。かと言って何が優れているかは感じ取れないし、何を言いたいのか理解できず。そういう意味ではエロ小説に分類してしまう。「追憶」はロゼッタストーンに刻まれた古代文字のよう。「氷塊」は斬新なテクニックを用いている。上段を読んだときは一面的だったものが、下段を読んだ途端複層的になり立体的になり個人的に非常に面白みを感じた。カウパー氏腺液の役割など知らなかった。2017/05/05

はまだ

31
この短編集の表題作「高瀬川」にある合理的な根拠のない、説得力のある衝動。きみょうなペットボトルに向けられた衝動。「マチネの終わりに」は、まがうことなき名作だが、この平野さんはほんとなんでもできる。さらに、「氷塊」は、上の段と下の段で、少年の物語と、不倫をする女の物語が同時に進行する。その2つの物語は、同じ場面を2つの視点で描きながらも、ときおり文章が交錯する。まがうことなきすばらしい短編。まがーうことーなーきーで登場したい。わからない?それは俺もだ。まがうことなき名作。是非とも★4.5 まがうことなき2020/03/29

さきん

26
中々、技巧にこった短編であった。清水と氷塊は内容もしっくり来て良かったが、題名にある高瀬川は狙いすぎて逆にあまり面白くなかった。技巧にこっているが、大正時代ならともかく今はあまり受けないかもと思った。私は、挑戦する小説は尊敬するが。2017/02/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/487308

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。