朝日新書<br> 使える読書

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader

朝日新書
使える読書

  • 著者名:斎藤孝
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 朝日新聞出版(2006/10発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784022731036
  • NDC分類:019

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

本は読むためだけのものではない――。物語の筋を追うだけの読み方からは卒業しよう。本のなかに散りばめられた一文の輝きを、いかに切り取り、伝え、活かすか。齊藤流キーワード方式の速読法で、どんな本でも「ネタ」になる本として生まれ変わる。新しい世界の切り口を手に入れる方法が満載の目からウロコの「使える読書」術。

目次

遠心力で読む
引用するために読む
「声に出して読みたい一文」の理由
外科医的に読む
負荷を掛けて「型」で読む
ブログと読書
好意的に書く理由
出合い頭で読む
『11分間』セックスと言葉
『最後のシュート』スポーツを喰う〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

110
ここに選ばれている本というものはあまり読んだことがない分野が多くさすが斎藤孝先生ですね。面白い観点からの表題で何を言わんとしているのかなあという感じを与えて、本の中から「声に出して読みたい一文」が掲載されていて単なる読書についての本とはかなり異なります。興味を惹く本が結構ありました。2018/01/21

mitei

48
何冊か知ってる書評本があったのでそれを読んでみた。齋藤孝はこんな読み方してるんだなと思った。2011/07/03

すやすや

33
引用文を選びながら本を読むって発想はいいと思った。引用するということは何か引っかかったものがあるので意見が持てるということ。国語の教育で本を読ませて、紹介させて、引用と感想の交換するのも良いな。 普通に道徳の授業としても使えそうだ。2018/05/19

すやすや

32
この著者の持論は、どの本にも同じことが書いてある。三色ボールペン、飛ばし読みなど。使える読書とは書いたり、話したりするための発信ありきの読書である。オススメの本を紹介し、自分の意見(ネタバレなし)を書き、声に出したい文を引用するという構成になっている。自分の興味の幅や次読む本を見つけるのにはちょうど良いだろう。2016/11/13

James Hayashi

31
本中で扱われているものの何冊かは読んだが、あまりその他は読みたいという欲望が湧いてこなかったあるよ。「脳内汚染」は興味が湧いたが、アマゾンの書評で学会から否定されているという。本文中にもあるが自分的にはハズレな本。名前は知っていたが初読みの作家。2018/03/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/542364

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。