ハーレクイン<br> マドリードの公爵

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン
マドリードの公爵

  • ISBN:9784596121394

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

スペインの大学に通い始めたジョージアナは、名づけ親の息子フアン・モンサントの屋敷で世話になることになった。彼は公爵の称号を持つ尊大な独裁者で、バスには危ないから乗るな、もっと地味な服にしろと、何かにつけてジョージアナに干渉してくる。十九歳なのに子供扱いされ、彼への反発心は募るばかりだ。その一方、フアンはまるでジョージアナを誘惑するような行動をとる。じっとこちらを見つめる目、魅惑的な笑み、そして、キス。どうして?いったいフアンは何を考えているの?もうすぐ彼は、良家の女性と結婚するというのに……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はっつん

1
優柔不断ヒーロー。婚約者からの告白がなければ、義務とはいえ確実に結婚式してたし。預かった19歳のヒロインに、ダメだと自分に言い聞かせながらも、結局は深い仲になる。自制して我慢するヒーローを読んでいたので、このヒーローはヒロインをあんまり大事にしていない。最後まで結婚にこだわり、愛人にしようとまでするし。エピでもあって、自分から婚約解消し、恥や犠牲を受けてまでもヒロインを手に入れたかったみたいな感情を告白する場面でもあれば幾分かは良かったが。なんとなく、妊娠もしたし、結婚しましたみたいな残念なラストでした。2016/04/02

0
★★★☆☆お互い立場を理解した上での便宜的婚約をしたヒーローの身上ではあるけれど、ロマンス上等の小説にしては浮気未満というかなり際どいギリギリの展開だった。不実であるのは間違いない。今まで読んだ中でも最上のドロドロさ。それでも現実の不倫報道やらを見てたりすると、こちらの方がずっと気持ちが分かるし理解できる。ストーリーとしてはエンディングがイマイチなのが残念。2016/05/19

くろうさぎ

0
傲慢で自分勝手な男としか思えないヒーロー。なんて失礼な男でしょうか、、最後はやきもきさせられてたけど、もうちょっとやられてしまえばよかったのに、、2009/11/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/413379

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。