文春文庫<br> 虚線の下絵

個数:1
紙書籍版価格 ¥576
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
虚線の下絵

  • 著者名:松本清張
  • 価格 ¥569(本体¥518)
  • 文藝春秋(2016/05発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167697099
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

男はしがない肖像画家。一方、親友は画家として名声を得た。差は明白だが、男の妻にはその違いが分からない。愛する夫のため、肖像画の注文取りに奔走する妻は、次第に妖しい色気を増していく。疑心暗鬼にかられた男が陥った罠とは──。男女の業(ごう)をあぶり出す表題作ほか、2度の手術を耐えた男の「与えられた生」、英語通訳の心理を描く「通過する客」、見習い軍医の立場から二・二六事件を描く「首相官邸」、と鋭い人間観察が冴える全4篇の短篇集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

RED FOX

9
「通過する客」とかタイトルが渋い。1968-70年ごろの短編4つ。時代は感じますが、ゾワゾワと面白いのは不変なセイチョー節。今のベストセラーの50年後や50年後のベストセラーはどんなものか、とか思わず妄想してしまった。2017/05/18

井戸端アンジェリか

8
短篇集。 バカだなぁ~と鼻で笑いながら前3編を読みましたら、最後の「首相官邸」だけ別モノでした。2月26日の事を見習医官から見た話。兵士ではないだけに至って呑気な感じで、読始当初はその事件に続くのを気が付かなかった。K中尉の冷たさの奥に隠された気持ち、ただの偉ぶった上官だと思っていた木村も私もバカだな。   前3編に付いて解説の志麻子さん曰く「大人しい者ほど屁が臭い」。最高2014/05/16

Nozomi Masuko

6
松本清張の短編集。表題作では、しがない肖像画家として生計を立てる男と、その絵を高い画料で売りさばくために会社の重役相手に色気を増して捕まえる妻。疑心暗鬼になった夫が罠を仕掛けるー。4作品しか収録がない中で、2作品はあまり好みでなかったので満足度は低かったかな。2015/11/30

そうたそ@吉

5
★★☆☆☆

Ryoko

2
再読。人間の深い葛藤する心理、鬱屈した心理がすごくよくわかる短編集。癌になり、なんとしてでも生きたいと思った男が若い愛人を手に入れ新しい人生に夢を持った後に突き落とされる「与えられた生」 。生活のために肖像画を書いている売れない画家とその注文を取るために営業している妻。はっきりとした確証はないものの妻の行動に疑問を持ち鬱屈したものを抱えていく心理を描いた「虚線の下絵」。この2作品が面白かった。「首相官邸」は読み始めるも、興味が持てず途中で断念。2019/11/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/522782

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。