ハーレクイン<br> 闇の使徒たち 導きの指輪 IV

個数:1
紙書籍版価格 ¥737
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン
闇の使徒たち 導きの指輪 IV

  • ISBN:9784596632555

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

夢破れて故郷に戻ったスザンナは義母バイオレットの事故死を知り、悲しみに暮れた。行くあてもなく、遺された牧場で生きていくほかない。そう覚悟を決めたスザンナだが、義母の遺言に驚愕する。隣人のトラビス・ディーンをパートナーとして牧場経営することが、遺産相続の条件なのだ。トラビス――孤独を愛し、気品と官能をあわせもつ男性。そして、わたしを“無鉄砲な家出娘”とさげすんでいる男性。スザンナは交渉のためおそるおそる隣家を訪れるが、彼の険しい表情ははっきりと拒絶の意を告げていた。■政府の遺伝子実験で生まれた天才児達をめぐるサスペンス連作『闇の使徒たち』第四話では、鍵を握るバイオレットが遺した謎の指輪と暗号文に義理の娘スザンナが挑みます。愛と許しと再生をテーマに据えた感動のストーリーです。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mum0031

1
家出娘のスザンナと、牧場主のトラビス。 夢破れ、おまけに妊娠したスザンナは 故郷に戻る。 義理の母バイオレットが、 事故死した直後で、秘密の暗号日記を見つける。 トラビスとスザンナの、「愛してる」の展開が早い。 18歳で家出したのに、牧場経営諸々詳しすぎるスザンナ。2017/09/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/461403

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。