シルエット・ラブストリーム<br> 虚飾のピラミッド - 闇の使徒たち2

個数:1
紙書籍版価格 ¥737
  • Kinoppy
  • Reader

シルエット・ラブストリーム
虚飾のピラミッド - 闇の使徒たち2

  • ISBN:9784596632470
  • NDC分類:933

ファイル: /

内容説明

言語学者のグレッチェンには恋愛経験がない。内気な性格と目立たない外見に加え、ひたすら学問に打ちこんできたからだ。でも最近、彼女は切実に孤独を感じていた。研究のために訪れているここエジプトの熱気のせいかしら?それとも、毎晩ひとりでとるディナーの味気なさのせい?ある夜、カートと名乗る魅力的な男性にダンスに誘われる。きらめく瞳と機知に富んだ会話はたちまち彼女を虜にした。カートが周到な罠を仕掛けていることに、純真なグレッチェンは少しも気づいていなかった。ディザイアの人気作家A・M・ウィンストンによる灼熱の恋物語。幼いころの記憶がないグレッチェン。実はその過去に最大の謎が隠されていて……。ますます目が離せない展開です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アカツキ

4
ヒロインは天才的な言語学者。ヒーローは私立探偵。ヒーローはヒロインの父親を名乗る人物から再会の手配を頼まれて本人確認のためにヒロインに近づくが、無垢な彼女に恋に落ちてしまう。一方で、前作ヒーロー弟は母親バイオレットに接触。彼女は5人の兄弟がいること、そのうちの一人が敵側にまわっていることを告げる…。ロマンスも良かったけれど、本筋が気になって一気読み。面白かった。他の兄弟の話が読みたい!2019/02/08

mum0031

1
言語学者のグレッチェンと、 私立探偵のカート。 グレッチェンの身辺調査と、グレッチェンとの面会の依頼を受けエジプトへ。 カートは、依頼主との会話の中で、違和感や嫌悪感を感じる。 調査相手と、一線を越え俺様に変貌。 2017/09/20

テト

0
寝てる間にとか、エロイです・笑 ヒーローとヒロインも、それぞれ性格が良くて、安心して読めました。2012/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/461588

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。