齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第11巻 - 「好きです。」コクるかコクらないか、それが問題だ!

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,047
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第11巻 - 「好きです。」コクるかコクらないか、それが問題だ!

  • 著者名:齋藤孝
  • 価格 ¥950(本体¥864)
  • PHP研究所(2011/05発売)
  • 今日はサイバーマンデー!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784569642543
  • NDC分類:K159

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

生きていくうえで大切だと思うことを、子どもたちに向かってはっきりと語りかけるベストセラー・シリーズ第11弾。小学校低学年生でも一気に読めるように、総ルビをふり、挿絵も豊富に楽しい本に仕上げました。キミはだれかを好きになったことはあるかい? その気持ちをどうしたらいいか、困ってしまっただろう? でも、だれでも人を好きになるのだから、あわてる必要はないぞ。キミの困った気持ちを解決する方法は、ちゃんとあるんだ。そして、好きな子と、もっと仲よくなろう! 初めて人を好きになった子も、もういろんな恋を経験した子も、この本でさらにステージアップ!おもな内容は、「ドキドキの初恋物語」「両思いになりたい!」「齋藤流恋愛術、フラれないヒミツ」「恋愛の第一条件は見た目より相性」「キミの“好きなタイプ”はどんな子だ!?」「モテる、モテないって言葉はもう使わない!」など。小学生のトキメキをとことん応援する一冊。

目次

1 恋は人生に咲く花だ!(だれも彼もが恋をする;恋は発電所みたいなもの)
2 恋愛初級編・まずはドキドキを感じてみよう!(恋は「うぉぉぉぉぉぉおーっ!!」だ;恋の名曲はたくさんあるぞ! ほか)
3 恋愛中級編・恋愛センサーを使って告白だ!(両思いになりたい!;思い切ってコクってみるか!? ほか)
4 恋愛上級編・失恋の作法(失恋もまた人生の花なんだ;失恋の歌を聴いて失恋に感謝しよう ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひよこ豆

3
恋愛を成就させるポイントは第1に相手と話が合うかどうかであり、脈があるかないかを見極めることができる。ピンポイントで勝負しなければ心が続かない。失恋時の対策も書いてある。非常に現実的で、相手に探りを入れたり変なテクニックもいらない。私の中での恋愛指南書No.1だ。2017/04/04

しげ

3
「恋愛が気になりはじめた小中学生男子」がメインの読者層として書かれている感じでした。字も大きく、漢字にはふりがながふってあるので、とても読みやすいです。恋愛は「モテモテを目指すこと」ではなく「自分と相性のあう相手を見つけること」だというスタンスで語られていました。この本の通りにやれば、告白の成功率はかなり上がる気がします。ほんとに。2012/05/16

めぐ

2
大人向け恋愛指導書よりも、こちらの方が読みやすく、シンプルで素敵だと思います。モヤモヤする心をガツンとしてくれました

音々

1
好きな人がいる人は、読んだ方がいいと思う!2017/07/01

pure honor

1
子供向けに恋愛の本を作るという難しいことを著者はやっている。恋愛のよい面と場合ごとの対処法が書いてある。恋愛をすることでさらに人として成長できると思わせてくれる。相手のためにもまず自分がどんな人で、どんな相手と付き合うことを望んでいるのかを知る必要があることが分かった。また、たとえ失恋したとしても、相手に対する感謝の気持ちをもつ大切さを知った。愛する相手に対する感謝は付き合ってるときや別れたとき、そしてまだ片思いのときでも必要だと思う。あなたのおかげで、人生がより素敵になり、心がより豊かになったのだと。2014/05/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/145699

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。