新潮新書<br> 夢と欲望のコスメ戦争

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

新潮新書
夢と欲望のコスメ戦争

  • 著者名:三田村蕗子【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 新潮社(2011/11発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784106101090

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

奈良の女帝から平成のコギャルまで、いつの世も女たちは美を追い求めてきた。華やかな宣伝と魅力的なパッケージによって、時には純金より高価でも、人類の半数を惹きつけてやまない化粧品。水面下では、貪欲で気まぐれな消費者とメーカー、小売店の熾烈な知恵比べが繰り広げられる業界でもある。「美白」「ガングロ」「目力」など身近なキーワードを通じて、世相を映し流行を生みだす化粧品世界の舞台裏に迫る。

目次

第1章 色の白いは七難隠す
第2章 見果てぬ夢―落ちない口紅
第3章 「目力」への情熱
第4章 ナチュラルという呪文
第5章 過熱する不老願望
第6章 百貨店の舞台裏
第7章 華麗なる情報戦

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

haru

2
★4/5 約3年半ぶりの再読。面白かった!面白いだけじゃなくて、業界研究の本と同じくらいの内容が学べた(販売方法以外)! 化粧品の効果っていうのはやっぱり複雑で、技術だけでは語れないことを改めて実感した。うーん難しい…。 岡部さんはやっぱり凄いんだな。2015/08/31

haru

1
★4/5 約2年半ぶりの再読。内容は古くなってきたけどやっぱり面白くて、この本好きだな。2018/04/13

boya

1
日本の化粧品業界の動向を俯瞰しながら、各年代の流行について総覧している。控えめではあるが、いわゆるドクターズコスメや自然派化粧品への苦言もあり、バランスの取れた内容でよい。2013/03/30

Naota_t

1
三田村蕗子氏の本はこれで2冊目。文章が平易でスラスラ読める。 本書は飽く迄も「女性が化粧品を使うときに浸る夢や高揚感」を探る。 内容自体は総花的で、そこまで深くないので男性でも分かりやすい。 化粧って面倒だなぁと思う時もあるけれど、ファッション以上に自分を変えてくれる力を持っているのは、羨ましく映る時もある。 本書では化粧品のポシティヴな面を強調しているけれど、それに魅せられ愉しむ前提に、ネガティヴな面を理解する必要があると思う。 2012/08/22

カエル子

1
女子の歴史。美白ブームは永遠かな…?! これまでの変遷を学ぶには良本。さしてコスメやメイクに興味を持たずに生きてきたつもりなのに、しっかりすり込まれてきていたことに驚く。やっぱり心のどこかで気にしてきたってことでしょうか?2012/02/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/416846

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。