共育て共育ち 鳩の森愛の詩保育園

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,571
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

共育て共育ち 鳩の森愛の詩保育園

  • 著者名:汐見稔幸【監修】/鳩の森愛の詩保育園【編】
  • 価格 ¥781(本体¥710)
  • 特価 ¥546(本体¥497)
  • 小学館(2014/02発売)
  • 夏はすぐそこ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~6/20)
  • ポイント 100pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784098400959

ファイル: /

内容説明

親も子も職員も育ってしまうミラクル保育園。

「もっとこの園とつきあいたいから、もう一人子どもを作ります」と宣言するお父さんが出てくるほど、大人がはまってしまう保育園が横浜にある。保育士も子どもや保護者から学んで成長していきたいからと、そこでは保育士は「先生」ではなく「○○ちゃん」と名前で呼ばれている。また卒園式には保育者が作った卒園児一人ひとりの歌を保護者が大合唱するし、5歳児になるとデパートで自分の好きなお茶碗を選んで買ってもらえる。そんな丁寧な保育のために園は恒常的財政難。そこで保護者はバザーを開く、塀を修理する…と汗を流して保育園を支えてきた。そしてその見返りに大人達が子どもを育てる力を訓練されてきたのだった。20年間に及ぶパワフルな実践の中に、人づくり地域づくりを担う、これからの保育園のモデルが浮かび上がってくる。

【ご注意】※この作品はカラー写真が含まれます。

目次

第1章 「鳩の森愛の詩保育園」の保育(卒園式 親子遠足―出会ってほどけて融け合って おひさま合宿―“鯉”が一気に滝登り ほか)
第2章 こんなに“遊べる”保育園(心のスイッチが切り替わる瞬間 面白くて楽しくて少しつらかった日々 社会を学ぶ場としての保育園 ほか)
第3章 人と人が出会って輪になって(コミュニケーションにかける思い “鳩の森愛の詩的”職員論 学びの夏 ほか)