ハヤカワ文庫JA<br> 五人姉妹

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader

ハヤカワ文庫JA
五人姉妹

  • 著者名:菅浩江【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 早川書房(2013/11発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784150307776

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

バイオ企業を率いる父によって成長型の人工臓器を埋め込まれた葉那子には、四体のクローンが用意されていた。無事に成長した彼女は、亡き父の想いをもとめ姉妹と面会するが……クローン姉妹の複雑な心模様をつづる表題作、『永遠の森 博物館惑星』の後日譚ほか“やさしさ”と“せつなさ”の名手による九篇

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

miroku

15
再読。感傷的叙情性という女性特有の感性とセンスオブワンダーが紡ぎ出す菅ワールドは、相変わらず優しく沁みる。2013/08/10

ひょろ

12
SF短編集。「秋祭り」「夜を駆けるドギー」「KAIGOの夜」は突き付けてくるものにぞっとする。もともと「秋祭り」と「KAIGOの夜」はホラーアンソロジーに書かれたものだからかもしれない。菅浩江し独特の優しく、柔らかなものに包まれているからなおさら。「箱の中の猫」設定的には梶尾真治作品にありそうだが、たぶん梶尾真治が書いたら結末は違ったものになっただろう。2016/02/16

四葉

11
読みやすく想像しやすい物語が多く面白かったです。革新的な技術があってもそれを使用する人間の心の余裕と成長を待たず利用した為起きた出来事等、とてもしんみりさせられつつ考えさせられます。2012/03/25

コットン

8
親しみやすいSF的短編集。物語的には『夜を駆けるドギー』またSF的雰囲気としては『ホールド・ミー・タイト』が良かった。印象に残ったことばは『お代は見てのお帰り』の「・・・彼女は美とは捨てさせる力だ、と言うんですよ。優れた芸術は人を忘我の境地に連れ込む、と・・・」2012/07/27

百鉄

5
一応SF短編集なのだが、本書に関してはSF要素は物語の背景に留まっている。じゃあ、SFじゃないのか??いやはや、しっかりSFなのだ。表題作「五人姉妹」は面白い。ただし「五人姉妹」については、別項で書いたので割愛。他に印象に残ったのは「KAIGOの夜」「お代は見てのお帰り」「夜を駆けるドギー」「賤の小田巻」。特に「お代は〜」は「永遠の森」に関連しているらしいので、そちらも読んでみようと思います。2010/12/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/501275

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。