ハーレクイン<br> 黒い瞳のエトランゼ 運命のモントフォード家 I

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン
黒い瞳のエトランゼ 運命のモントフォード家 I

  • ISBN:9784596911216

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

アレクサンドラはアメリカで貿易会社を切り盛りする気丈なレディ。取引相手のソープ卿に直接面会するため、はるばるロンドンへやってきた。予想外に魅力的な独身男性だったソープに誘われ、舞踏会に出席したアレクサンドラ。そこで高貴な老婦人に紹介される。だが伯爵夫人だというその女性は、アレクサンドラを見るなり「シモーヌ!」と叫び、そのまま気を失った。C.キャンプの歴史ロマンス3部作がついに始動。仏革命で生き別れた三兄妹の運命は。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hotmilk

6
アメリカ人として育ったヒロインが実はイギリスの伯爵令嬢だったというストーリー。お決まりの展開だけど、まぁまぁ面白かった。犯人は分かり切っているのによくここまで遠回りできるなぁと思った。笑 ★32014/09/07

サム

2
既読であることを忘れて再読。それはそれで面白かった。

mum0031

1
貿易会社を切り盛りするアレクサンドラと、 取引相手のソープ卿。 アメリカから、ソープ卿に会うためロンドンへやって来たアレクサンドラが、次々に暴漢に襲われて…! 毒を吐く人間に侵されて、犯罪者扱いするソープは駄目でしょ。 めげないアレクサンドラは、希少な存在だけど 普通はそうはいかない。 3部作なので、兄姉が見つかるでしょう。 2018/02/05

びわ

1
悪くはなかったけど、キャラがいかしきれてなかった感じかなあ。三部作だけど、他二冊を読むかは微妙だなあ。2013/04/21

カサブランカ

1
2010/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8712

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。