建築ライブラリー<br> 2100年庭園曼荼羅都市 - 都市と建築の再生

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,640
  • Kinoppy
  • Reader

建築ライブラリー
2100年庭園曼荼羅都市 - 都市と建築の再生


ファイル: /

内容説明

ニューヨーク世界貿易センタービルの崩壊は、建築における近代合理主義の崩壊を象徴していた。1995年の阪神大震災は、近代都市の脆弱さを露呈した。都市風景の破産は進行し、20世紀都市は敗滅したのではないか。都市と建築の再生は可能か。阪神大震災の死者への鎮魂の思いと反省から、新世紀の都市は癒しの空間として構想されるべきであろう。東洋の叡智に学んだ庭園を主体とする「庭園曼荼羅都市」を提案する。
※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

目次

1章 建築の再生(土建行政と国土の荒廃 建築の自己破産 近代主義の罪 ほか)
2章 機能の深化(深層意識)へ(「再生平安京」と「庭園曼荼羅都市」 何故鳳風堂か 歴史は再生の手立てになるか ほか)
3章 新世紀の都市像―庭園曼荼羅都市(計画の動機と阪神大震災 近代都市計画批判 曼荼羅都市論 ほか)