大人の知らない子どもたち - ネット、ケータイ文化が子どもを変えた

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

大人の知らない子どもたち - ネット、ケータイ文化が子どもを変えた

  • 著者名:今一生
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 学事出版(2004/08発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 450pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784761910310
  • NDC分類:371.47

ファイル: /

内容説明

ネット心中の頻発や、佐世保事件、出会い系サイトによる性犯罪の増加等、これまでになかったような事件が続発している。子どもたちが何を考え、どう行動しているか、大人の知らない生態や行動を解明した、最新の生徒理解に役立つ本。
※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

目次

学校の外側とリンクする子どもたち
宗教信者の親の下で
インターネットが変えた関係
ネットを利用した家出
共依存を温存する「ココロ系」
「友だち」の意味の変質
ITキッズ―「通り魔」的なネット犯罪
“酒鬼薔薇聖斗フォロワーズ”への処方箋
「窮鼠猫を噛む」子に育てる大人
人格より「関係」の内実を変える
はみだし者を社会化する
生徒主導のイベント
本音をあぶり出す「メル友」関係
精神医療の専門家に委ねる怖さ
自殺願望と若者たち
携帯電話で「管理」し合う親子たち

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

llla_allllgogo

0
ここまで現場を熟知している人でも基本は親子だと言っている。私も本気でそう思います。基本はそこだと思う。だけど、今さんも言うように「現実には「家族が一丸となって」家族の一員であるはずの子どもに対して共に生きていこうと思い直す家庭があまりにも少ないことを」私も知っています。自分の子どもがやっていることに関心を持つ、そんな簡単で楽しいことを出来ない親が多すぎる。宗教一家の子どもの疎外について今まで注意を向けていなかったことに気がついた。まだ出来ることがあるなと感じた。2010/04/13

みこよこ

0
昔はこんな心配はなかったのに、インターネットや携帯電話が普及したおかげで、判断力や知識の不足している中・高生が危険にさらされる。以前は一部の人のものだったドラッグや売春が低年齢化し、地域を超えて広がっている。ネット社会の危険から身を守る方法をいま、子どもたちにちゃんと教えていかなければ、もっとひどいことになる。2004/10/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/372594

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。