文春文庫<br> 歴史をあるく、文学をゆく

個数:1
紙書籍版価格 ¥712
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
歴史をあるく、文学をゆく

  • 著者名:半藤一利
  • 価格 ¥702(本体¥639)
  • 文藝春秋(2014/04発売)
  • 【kinoppy】文藝春秋 電書の森フェア2021 ポイント40倍!(~9/30まで)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167483135
  • NDC分類:291.09

ファイル: /

内容説明

歴史と文学をこよなく愛する著者が、探偵眼を光らせつつ、飛鳥から河井継之助の長岡まで、日本史の争乱6つの舞台を訪ね歩く第1部。第2部では視点を文学にうつし、芭蕉、漱石、荷風、司馬遼太郎、藤沢周平ら5人の作家・7作品の世界を散歩する。眼光いよいよ冴えわたり、深まる思索が普遍の真実に肉迫する。著者直筆のイラストも楽しい、紀行文と街上エッセイ。

目次

第1部 歴史をあるく(「飛鳥の争乱」をタンテイする 万葉集の近江路をゆく 湖北・戦国時代の古戦場に想う 元禄十五年十二月十五日 ほか)
第2部 文学をゆく(藤沢周平「海坂藩」の城下を歩く 永井荷風『〓(ぼく)東綺譚』の向島界隈
夏目漱石『吾輩は猫である』と千駄木の家
夏目漱石『三四郎』と本郷の町かど ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

arinko

5
のんびりとした雰囲気があってとても好きです。歴史好きにはたまりません。個人的には「坂の上の雲」の好古さんについての小話がお気に入りです。2012/09/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/390612

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。