新潮新書<br> 黒いスイス

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

新潮新書
黒いスイス

  • 著者名:福原直樹【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 新潮社(2012/08発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784106100598

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

永世中立国で世界有数の治安のよさ。米国などを抜き、常に「住んでみたい国」の上位に名を連ねる国、スイス。しかしその実態は――。「優生学」的立場からロマ族を抹殺しようと画策、映画“サウンド・オブ・ミュージック”とは裏腹にユダヤ難民をナチスに渡していた過去、永世中立の名の下に核配備計画が進行、“銀行の国”でまかり通るためのマネーロンダリング……。独自の視点と取材で次々驚くべき真相を明かす。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

姉勤

38
「永世中立国」という響きと、アルプスの山々に羊の群れ、時計職人、チーズを頬張る牧歌的な国民。そんなイメージ(誰が作ったんだか)を覆す、スイスの実情。ノマ人の民族浄化、ナチへの積極的協力、核開発&核武装、マネーロンダリング。本書は、スイスのネガティブな現実を列挙しているが、欧州の要衝でも無く、重工業や農業を営む地勢も資源も無く、バルカンの隣国という地なれば、他国民がケチをつけるほどの悪行とは言えず。当たり前の国と思える。かつて北朝鮮を地上の楽園と讃えた国民のスイスへの勝手なキャラ付けは、はた迷惑でしょね。2015/06/24

coolflat

19
核開発計画や民族差別(ロマ族の子供たちを誘拐して施設に入れる。外国人の国籍申請に対し適切な人物かどうかを住民投票で判断する)、またナチスの共犯、マネーロンダリング…。平和国家としてイメージされがちなスイスとは違った面のスイスが見えてくる。それらの根底には大国に挟まれ、常に利用されてきた歴史的背景があるのだと思う。大国に利用されないためにスイスは中立国を選択した。中立国を選択した根底には“不信”がある。スイスが相互監視社会だというのも納得だ。社会全体が不寛容で、この全体主義的な感じはどこか日本にも似ている。2017/11/06

林 一歩

19
平和とはなんぞや?綺麗事ではないんだよね。2014/07/02

ちくわん

18
2004年3月の本。平和そうなイメージの国。本書では自国の国益だけに固執する様を描く。そのための潜在的核保有であり、移民排斥。しかし、独仏伊に囲まれ、ナチスドイツやソ連に迫られた経験を持つスイスを国家として捉えた場合、果たしてこれを「黒い」としてしまうべきなのか。自国の状況を考える上で勉強になった。アルプスの少女、恐るべし!2020/02/08

紫光日

18
本書を読むと日本を含め世界の多くのメディアがあまりにもアメリカや欧州(ロシアを除く)を賛美しており、当然ながらスイスも例外でない。 だが、実際のスイスは外国人を排除したり、黒い噂が多いのが事実であり、他の欧州と同様に移民排除が活発化している。 故に国連にもEUなどの国際組織に加盟していない一方、スイスの言い分も評価できる。 国連やEUに加盟すると自分達のアイディンティがなくなると述べているがその通りである。2015/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/98

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。