オアシス

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • 電子書籍
  • Reader

オアシス

  • 著者名:生田紗代【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 河出書房新社(2011/06発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784309015903

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

私の愛用の自転車が突然、盗まれた。呆然自失の中、「私」の自転車を探す日々が始まる。家事を放棄した母、母にパラサイトされているOLの姉・サキ、そしてフリーターの私。現代の新種の(姥)捨て山を描く、次世代作家の誕生。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tototousenn@超多忙につき、読書冬眠中。

99
自転車が盗まれた!! 駐輪場に止めていた私の自転車が...なくなっていた。 家事を止め何もやらなくなった母は、 我が家の役たたずの「粗大ゴミ」となった。 どうせ盗むなら役立たずの「粗大ゴミ」化した母を盗んでほしかった。 私の自転車探しの日々が始まった。どうしても取り戻したい理由が私にはあった。 2021/01/28

ねむねむあくび♪

39
図書館の本。うーん…なんだろうこの感じ。ガサツで無駄にエネルギーをもて余してるメー子さん。町田康や、本谷ちゃんに通じる印象。でも、パワフルの片鱗を感じさせるけれど、書き込み不足で物足りないなぁ…。残念でした。2013/10/07

やっち@カープ女子

26
作風は瀬尾まいこさんに似ていてとっても読みやすかった。しかし盗まれた自転車、亡くなった友達、失踪した母、どれもどうなったか分からず中途半端で読み終わってもモヤっと。母娘関係のパターンは他人事じゃない気がして苦笑しながら読んだ。2013/10/12

tokkun1002

21
初、生田紗代さん。デビュー作品。【2003年文藝賞受賞作品】長期単身赴任の父親に残された母親と姉妹家族。ときに父親の弟にあたる叔父を加えた生活はある意味牽制のバランス。だったのね。2014/07/05

ペトロトキシン

11
何でもない日常の描写の中にあって、パラサイトな母親が何故にこんなにも何もしないのかと謎が深まっていく。謎が深まるといえば、メー子の自転車に対する執念はいかほどなものかと思っておりましたが、訳あり自転車だった訳ね。でも、その訳あり自転車もメー子パクってるやんwww2015/10/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/560729
  • ご注意事項