新潮新書<br> アメリカの論理

個数:1
紙書籍版価格 ¥734
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

新潮新書
アメリカの論理

  • 著者名:吉崎達彦
  • 価格 ¥648(本体¥600)
  • 新潮社(2012/01発売)
  • 春 満開!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~4/21)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

なぜアメリカはイラク攻撃にこだわったのか。石油利権? 軍事産業の暗躍? そんな陰謀史観は全部ウソ。9・11以降のブッシュ政権内の力学を丹念に追えば、謎はすべて解けてくる。新世代のアメリカ・ウォッチャーによる、目からウロコが落ちるアメリカ分析。

目次

第1章 「悪の枢軸」の誕生
第2章 イラク攻撃の準備と中東情勢
第3章 壮大なオセロゲーム
第4章 タカ派集団「PNAC」の外交思想
第5章 政権を産んだ共和党内の力学
第6章 ブッシュ流「草の根保守派」の本質
第7章 「9・11」という転換点
第8章 パウエルの逆襲と対イラク国連決議
第9章 「ナイーブな帝国」の行方