人形式モナリザ Shape of Things Human

個数:1
紙書籍版価格 ¥814
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

人形式モナリザ Shape of Things Human

  • 著者名:森博嗣【著】
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • 講談社(2011/10発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062735858

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

衆人環視の中ステージ上で謎の死。乙女文楽演者の死と2年前の悪魔を崇拝する青年の死に関連は? 蓼科に建つ私設博物館「人形の館」に常設されたステージで衆人環視の中、「乙女文楽」演者が謎の死を遂げた。2年前に不可解な死に方をした悪魔崇拝者。その未亡人が語る「神の白い手」。美しい避暑地で起こった白昼夢のような事件に瀬在丸紅子と保呂草潤平ら阿漕荘の面々が対峙する。大人気Vシリーズ第2弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

359
Vシリーズの第2弾。私も紫子ちゃん同様「密室や!密室や!」と喜んでいたのだが、まあ事件の発声タイミング的に予想はついたことだけど、ちょっとがっくり。メインの事件のトリックはまあ綺麗におさまって、ワイダニットはぼんやり。エピローグ、最後の1行で一気に読者は突き放される。「おいおいふざけるなよ」と怒るよりも、「そういう作品なのだ」とあるがままを認めたほうが楽。感傷的な部分が多くて、ちょっと七面倒くさい。続きを読むか、悩ましい。森博嗣の作品はあんまり肌に合わないのかもしれないなぁと考えたり。2016/03/27

Tetchy

319
森ミステリの定番なのか、本筋の殺人事件の真相よりもむしろサブストーリーの謎やガジェットの真相の方に実は大きなサプライズがあるが、本書も例外ではなかった。美術品専門の窃盗犯ルパさんの正体、彫刻家江尻駿火が作った千体のモナリザ像に込められた真意。これらの真相の方が痛烈に印象に残った。どこか浮世離れしたシングルマザー瀬在丸紅子、謎めいた探偵保呂草潤平、紅子の元夫で刑事の林とどこか善人とは云いきれない怪しい魅力に満ちた登場人物が主役であることでこのシリーズは何が起こるか解らないミステリアスな雰囲気に満ちている。2016/09/16

勇波

198
『紅子さんと愉快な仲間達』第2弾です。やっぱ面白いなぁ〜。登場人物の思考がステキ過ぎる。前シリーズより軽い印象を抱く事もあるけど、作者からの問いかけには深いものがあると思うぞ。。まだまだシリーズが読める事に安堵感がある今日この頃。『愉快な仲間達』が今後どんな思考を魅せてくれるのか全く楽しみだ★2016/09/15

nayu

155
人形が操られているのか。   人間が操っているのか。  人形が操っているのか。   人間が操られているのか。  人形に操られているのか。 人間に操られているのか。  操っているから人間なのか。  操られているから人形なのか。  誰が操るのか。  誰が操られるのか。  何のために生まれて、何をして生きるのか。2017/08/17

KAZOO

141
このシリーズの第2作目です。この作品は殺人事件というよりも周りの様々な人間関係が主題となっているような気がしました。犯人は比較的早く予想がつくのですが。最後の近くではかなりどんでん返し的な面も出てくるのですが。私は前読んだシリーズよりもこのシリーズのほうが好きになりそうな気がします。2016/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/566921

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。