角川文庫<br> 「A」 マスコミが報道しなかったオウムの素顔

個数:1
紙書籍版価格 ¥691
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
「A」 マスコミが報道しなかったオウムの素顔

  • 著者名:森達也
  • 価格 ¥682(本体¥620)
  • KADOKAWA(2013/11発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784043625017

ファイル: /

内容説明

――オウムの中から見ると、外の世界はどう映るのだろう?1995年。熱狂的なオウム報道に感じる欠落感の由来を求めて、森達也はオウム真理教のドキュメンタリーを撮り始める。オウムと世間という2つの乖離した社会の狭間であがく広報担当の荒木浩。彼をピンホールとして照射した世界は、かつて見たことのない、生々しい敵意と偏見を剥き出しにしていく――!メディアが流す現実感のない2次情報、正義感の麻痺、蔓延する世論(ルサンチマン)を鋭く批判した問題作!ベルリン映画祭を始め、各国映画祭で絶賛された「A」の全てを描く。

目次

1 荒木浩を選んだ理由
2 命じられた撮影中止
3 オウムと社会との狭間
4 麻原初公判、上九一色で過ごした二日間
5 テレビからの別離
6 勃発した不当逮捕
7 深まる焦燥―僕にオウムが見えていると思いますか?
8 諦観―成就しないドキュメンタリー
9 共有できるものは何だ?
10 ラストシュート

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Noriko D

74
森さんの「愚鈍なくらいに善良に見えるこの集団と、凶悪な無差別殺人との接点は、やはり感覚的にどうしてもわからない。」というところに共感。信仰心の持てない私にはたぶん一生わからないかもしれない「宗教を信じる」ということ。荒木浩さんも他のオウム信者たちも純粋だからこそ俗世社会に生きる道を見出せなかったのだろうか。2020/03/06

007 kazu

35
地下鉄サリン以降吹き荒れたオウム批判の報道。そこから距離を置き、内部からオウムを撮りたいとの思いから広報部の荒木を中心に取材し、映画化までを書籍化した。別角度からの取材という点で成功しておりドキュメンタリとして面白いが、本書の主題はオウム報道を通じた日本の(メディアを含む)社会批判といったところか。「共同体に帰属することで、思考や他者に対しての想像力を停止してしまうのが日本人のメンタリティ」ここだけ切り出してもなんのことやらだが、全体を通して読めば意味が分かるであろう。20年以上前の出版。(続く)2019/08/02

荒草ミエル

35
オウムネタではなく本作の主題は「思考停止」について問いかけていると読み取った。著者のスタンスは、あくまでも結論を下さず問題提起のみに徹しており、ほとんど媒体そのものになりきっている。この問いかけにどう答えるのか?言葉を持たない人の方が多いのではないかと思う。事件の真相を通し、混乱する心象の中から自己の見解として道筋をつける事は難しい。日本人が思考を苦手とするのは哲学に触れずに大人になるから、とは誰の言葉だったか… 未曾有の事件に遭遇すると個人の才覚が問われる事を切に感じた。2018/11/06

崩紫サロメ

32
麻原彰晃逮捕後のオウム真理教についてのドキュメンタリーを制作していたら、テレビ局を解雇され、フリーで映画『A』を制作するに至った話。報道とは、ドキュメンタリーとは、と考えさせられ、またオウムを生み出した日本の「組織への従属」とういうメンタリティについて鋭く指摘している。また、オウム信者や著者のようにそれを取材する者への激しいバッシングに危機感を覚えている。本書の刊行から20年近く経ち、オウムの記憶は薄らいでも、「他者への憎悪」はより激しくなっているように想う。2020/07/12

たかやん

25
映画版だと質問を投げかける森さんの声や後姿が入り込む程度だったと記憶していますが、この書籍版はドキュメンタリーやメディアの在り方について森さん自身が赤裸々に語る点で読み応えがあります。メディアのアンチテーゼとしてドキュメンタリー作家森達也を生んだのは他でもないメディア自身なのでは?読んでいるとそんな風に思えて仕方ありませんでした。今後A2、A3と順番に読んでいく予定。2018/07/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/561179

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。