ハーレクイン・イマージュ<br> 目覚めたら花嫁

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン・イマージュ
目覚めたら花嫁

  • ISBN:9784596214775
  • NDC分類:933

ファイル: /

内容説明

族長の花嫁は、海からやってくる――だれがそんな伝説を信じられるだろうか?■旅先で知り合った男性のクルーザーに乗っていたアヴァロンは、偶然、彼とその仲間たちが麻薬密輸人だと知ってしまい、無謀にも海に飛びこんで彼らのもとを逃げ出した。だが、冷たい海の中で気を失い、目覚めると、ある老女の家で寝かされていた。ここはスコットランドの小さな村らしい。アヴァロンはその老女から思いがけないことを聞かされた。「あなたは族長の妻となるために、ここに導かれてきたのです」なんですって? 私はたまたまこの村に流れついただけよ!必死で逃げ出す機会を狙うアヴァロンだったが、しだいに心が揺れはじめた。村の人々はみな親切でやさしく、おまけに、族長のフレイザーはとびきり魅力的な男性だった。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

糸車

16
コミックを読んだときはもっと明るく軽いお話だと思っていたんだけど、ヒーローが族長の妻という立場をとても責任あるものと考えていて、ヒロインの資質を確かめている気がした。まあ自分の留守中しっかり村を守ってくれる人じゃないと困るだろうな。でもヒロインはまだ19歳の乙女。出会っていくらもたたない尊大な男性をただ信じろと言われてもねえ。言い訳しないというか、わざと説明しないヒーロー。いや一応ヒロインが望めば出ていけるように環境を整えてから彼女に選ばせているから彼の誠実さは○。悪くはないけどもうちょっと甘さが欲しい!2017/12/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1545002

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。