日本人を冒険する - あいまいさのミステリー

個数:1
紙書籍版価格 ¥565
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

日本人を冒険する - あいまいさのミステリー

  • 著者名:呉善花
  • 価格 ¥530(本体¥482)
  • PHP研究所(2013/04発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 120pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784569576176
  • NDC分類:361.42

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

日本人は、何を聞いても曖昧に頷くばかりで何を考えているのかわからない。長く日本に暮らす外国人でも、こんな感想を述べることが多い。実際、彼らは、同じアジア人であり、儒教文化、漢字文化など、いくつかの共通点を持っているにも拘わらず、日本人よりも中国人や韓国人に共通性を見出すことが多いらしい。本書は、来日以来約20年、日本と日本人を見つめ続けてきた著者が、外国人には理解されにくい「日本人の特異性」について、それは何処から来たものなのか、今後日本人が「世界標準化」して行くにはどうすればよいのかを、女性の目を通して、分析し、提言したものである。一読した限りでは、欧米人による日本人論と共通する視点も多い。が、日本の生活にどっぷり浸かりながらも、観察者としての冷静さを失わない分析は、かえって日本人にとって、その「特異性」を認識しやすいから不思議だ。その意味で、自らの特異性を理解するには格好の一冊といえよう。

目次

序章 世界から孤立している日本人<br/>第1章 外国人はこんな「あいまい日本人」が理解できない(白か黒かを決めたがらない灰色好み 原理原則や信念が感じられない ほか)<br/>第2章 日本人の「受け身志向」から見えてくるもの(受け身志向の日本人 模倣文化とオリジナリティの関係 ほか)<br/>第3章 日本人の根っこには「前アジア世界」がある(日本人の脳の特異性が物語るもの 唯一の「半孤立温帯海洋国家」という性格 ほか)<br/>第4章 日本人はどうすれば外国人に理解されるか(「これからの世界」をどう考えるかにカギがある 「日本の輪郭」をくっきりと浮かび上がらせること ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ふぃすか

9
『文明の衝突』からの流れ。日本人のいわゆる「ホンネ」ってやつは、これを面と向かって言ったら多分ケンカになるからやめとこう…という趣旨のものだと思っておけばいいいような気がする。それでも何とかなっていくのが世の中のミステリー。自己主張ばっかしたってギスギスするだけだと思うんですがねぇ。ケンカばっかしてたらそのうちやってくるのは破滅だと思うのだが。世界には黒と白だけじゃなくって灰色だってフツーに存在するじゃないか。2005/04/25

秋桜

2
私の頭の中にある、日本人の特徴を整理できた。2014/04/09

Katsuaki Mori

0
2013/08/19-2013/08/292013/08/29

mif61005

0
今まで読んだ日本人論系の本の中で一番わかりやすく納得できる一冊だった。2011/10/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/426012

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。