コーチング - 言葉と信念の魔術

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,620
  • Kinoppy
  • Reader

コーチング - 言葉と信念の魔術

  • 著者名:落合博満
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • ダイヤモンド社(2001/08発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

部下から質問されるまでは、じっと忍耐。部下自身が体でつかみ取るのを待つ。自分で考える事のできる人に育てる。

目次

第1章 教えるのではなく、学ばせる―押しつけない。ヒントを与える。「自分で育つ」ためのコーチング(コーチは教えるものではない。見ているだけでいいのだ 選手が勝手に育つまで、指導者はひたすら我慢すべき ほか)
第2章 指導者とは何か―成果主義時代の今まさに必要とされる、真のコーチ像(長嶋監督もマイナス思考。最初からプラス思考では、良い指導者になれない あくまでも主体は選手。相手の感覚でしか物事は進められない ほか)
第3章 選手(部下)をダメにする選手言葉の悪送球―上司失格。若き才能や可能性の芽をつむ禁句集(「そんなことは常識だ」と言う前に、納得できる理由を示せ 「なんだ、そんなこともわからないのか」は上司の禁句 ほか)
第4章 組織の中で、「自分」を生かす術―三冠王はこうして生まれた。結果を出し、自身を高める方法(“俺流”をアピールすることは、組織から外れることではない まず「個人」があって「組織」がある時代。明確な目標設定でモチベーションを持て ほか)
第5章 勝ち続けるために、自分自身を鍛えろ!―仕事のプロとしての自覚と自信を手に入れるための「思考」(勝負を急ぐな。避けられるリスクを負うな 誰のためにやるのか。余分なプレッシャーを背負う必要はない ほか)