21世紀保育ブックス〈7〉<br> 地方自治体の保育への取り組み - 今後の保育サービス提供の視点

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

21世紀保育ブックス〈7〉
地方自治体の保育への取り組み - 今後の保育サービス提供の視点

  • 著者名:山本真実/尾木まり
  • 価格 ¥924(本体¥840)
  • フレーベル館(2001/05発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

新しい時代の保育サービスの考え方や方向性が打ち出されていますが、それらを実際に具現化し、利用者に対峙していくのは、サービスの実施主体である市区町村だと言えます。エンゼルプランの策定後、各地方自治体の取り組みが本格的になりましたが、本書ではその経緯と現状を追いながら、最新の全国調査結果をもとに、これからの保育と今後の保育サービス提供の視点について考えます。

目次

第1部 保育戦略の全国的な動向(地方版エンゼルプランにみる「保育戦略」;計画に基づく保育の展開)
第2部 在宅保育の重要性(今、なぜ在宅保育か;家庭的保育制度の現状と課題;ファミリー・サポート・センターの現状と課題 ほか)
第3部 新しい保育サービスを求めて(これからの「保育」とこれからの「戦略」;ソーシャルワーク・スキルの向上;新しい「保育の実施」を目指して)