「量子論」を楽しむ本 - ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる

個数:1
紙書籍版価格 ¥555
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

「量子論」を楽しむ本 - ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる

  • 著者名:佐藤勝彦
  • 価格 ¥500(本体¥463)
  • PHP研究所(2012/09発売)
  • 梅雨空に負けるな!Kinoppy 電子書籍/電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~6/28)
  • ポイント 100pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

とても興味があるけれど、むずかしくて理解できない……そんな代表的なものが、アインシュタインが提唱した「相対性理論」だろう。ところが、現代物理学にはその相対性理論よりも難しく、奇妙で、なおかつとても面白い理論がある。それが「量子論」。一番身近な例をあげると、最近はほとんどの人が持っている携帯電話やパソコンのもっとも重要な部品ともいえる半導体チップの中を支配している法則である。こればかりではなく、素粒子などのミクロの世界に適用されるもので、人などの遺伝子など生物の構造や進化、そしてマクロの極限である宇宙の創生までを解明するとされている。本書は、その量子論のポイントが一目で理解できるように、図やイラストを多数使って初心者向けにわかりやすく解説した格好の入門書。最先端物理学の不思議な世界を手軽に味わうことができる。監修は宇宙物理学を世界的にリードしている東京大学の佐藤勝彦教授。

目次

序章 量子論の世界へようこそ<br/>1章 量子の誕生―量子論前夜<br/>2章 原子の中の世界へ―前期量子論<br/>3章 見ようとすると見えない波―量子論の完成<br/>4章 自然の本当の姿を求めて―量子論の本質に迫る<br/>5章 枝分かれしていく世界―解釈問題を追う<br/>6章 究極の理論へ向けて―量子論が切り開く世界