小倉昌男 経営学

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

小倉昌男 経営学

  • 著者名:小倉昌男【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 日経BP(2014/08発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 350pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822241568

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「儲からない」といわれた個人宅配の市場を切り開き、「宅急便」によって人々の生活の常識を変えた男、小倉昌男。本書は、ヤマト運輸の元社長である小倉が書き下ろした、経営のケーススタディーである。
全体を通して読み取れるのは、「学習する経営者」小倉の謙虚さと、そこからは想像もできないほど強い決断力である。成功した人物にありがちな自慢話ではない。何から発想のヒントを得たか、誰からもらったアイデアか、などがこと細かに記されている。講演会やセミナー、書籍、マンハッタンで見た光景、海外の業者に聞いた話、クロネコマークの由来…。豊富なエピソードから伝わってくるのは、まさに学習し続ける男の偉大さである。

目次

第1部 牛丼とマンハッタン―宅急便前史(宅急便前史 私の学習時代 市場の転換―商業貨物から個人宅配へ ほか)
第2部 サービスは市場を創造する―宅急便の経営学(宅急便の開発 サービスの差別化 サービスとコストの問題 ほか)
第3部 私の経営哲学(組織の活性化 経営リーダー10の条件)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

molysk

72
「宅急便の生みの親」小倉昌男が、自らの経験を経営論として語る。無謀と思われた個人宅配への参入。だが筆者には、全国規模の集配ネットワークを築けばビジネスになる成算があった。翌日配達などのサービスの差別化の継続、「サービスが先、利益が後」といった優先度の決断、規制でビジネスを阻む行政との対峙、現場の社員のやる気を引き出す全員経営などで、宅急便を飛躍へと導く。筆者の考える経営者の資質は、論理的思考、自立の精神、高い倫理観。企業の目的は永続することであり、そのためには利潤を生み続け、社会へ貢献を続けねばならない。2020/05/06

sas

49
「クロネコヤマトの宅急便」を創った小倉氏が自ら書いた苦労の歴史と経営哲学。成功体験を偉そうに書いた本とは全く違う。著者自ら試行錯誤しながら培った経営の哲学は大変勉強になる。商業貨物から個人宅配への転換、規制官庁との闘い、クール宅急便等の新商品の開発、常に不可能と思われたことに挑戦してきた歴史。結局、成功者とは人がやらないことをやった人なのだ。「経営とは論理の積み重ねである。考える力がなければ経営者とはいえない」「トップは常にフェアでなければならない」など、経営リーダー10の条件も非常に説得力がある。 2015/08/17

ito

43
断片的にしか読んでなかったので、改めて読み直した。私は著者の経営哲学が好きなのだが、その背景にある深い論理思考の記述にうなった。自分自身、情緒的な判断しかできないので、こういう論理思考の経営者には本当にあこがれる。宅急便の経営学とも言える本書であるが、流通業界の不条理への憤り、社会的存在である企業のあるべき姿が全編に貫かれている。宅急便の成功は、優れたビジネスモデルにあるのではなく、高い倫理観と論理の積み重ねにあるのだとあらためて感じた。2013/02/10

かっぱ

38
ビジネス書としてはかなり古いものになります。「クロネコヤマトの宅急便」で知られるヤマト運輸が、いかに時代の先を読んだ事業転換によって成長を遂げてきたかを社長がまとめたもの。大手デパートや企業との契約を思い切って無くすことで、宅配便事業に人、もの、金を集中する。過去の成功体験や短期の損失は顧みず、10年先の生き残り戦略を取る。「サービスが先、利益は後」、「安全第一、営業第二」などのスローガンで、社長の思いをドライバーなどの実質的に主力となる社員へ届くように伝えるなど、全員経営の取り組みは参考になる。2016/09/07

hit4papa

38
トップダウンはかくあるべしということが理解できます。誰も手を出さなかった宅配業への着眼点、採算ベースにのせる戦略ストーリー、全員経営のための人の掌握術。クロネコヤマトを一躍世に知らしめた経営者の名著です。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/533549

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。