刀水歴史全書<br> 日本の江戸時代 - 舞台に上がった百姓たち

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,640
  • Kinoppy
  • Reader

刀水歴史全書
日本の江戸時代 - 舞台に上がった百姓たち

  • 著者名:田中圭一(日本史)
  • 価格 ¥2,640(本体¥2,400)
  • 刀水書房(1999/03発売)
  • ポイント 24pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

日本の古い体質のシンボルである江戸時代封建論に真っ向から挑戦する江戸近代論。「検地は百姓の土地私有の確認である」ことを実証し、一揆は幕府の約束違反に対するムラの抗議だとして、日本史全体像の変革を迫る。
※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

目次

第1部 時代転換の契機―金銀山と田畑の開発
第2部 領有から私有へ―検地・五公・定免
第3部 変化する幕府法令―「御触書」と『御触書集成』
第4部 近代の創造―民衆の自由と生産