文春文庫<br> われ笑う、ゆえにわれあり

個数:1
紙書籍版価格 ¥745
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
われ笑う、ゆえにわれあり

  • 著者名:土屋賢二
  • 価格 ¥500(本体¥463)
  • 文藝春秋(2015/04発売)
  • 【Kinoppy】ポイント増量!文藝春秋「電書の森2019」(~9/26),敬老の日!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~9/16)
  • ポイント 160pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

以前から書きとめていたものがかなりの量になり、出版をしきりに勧めてくれる人がまわりにいなかったので、自分から出版を交渉した結果がこの本である(「はじめに」)。「今日からタバコをやめられる──でなくても禁煙をやめられる」「女性をとことん賛美する」「何も考えないで楽しく生きる方法」など、恐妻家で助手にも尊敬されない大学教授にして笑う哲学者・土屋賢二が、人間についてテツガク的に考察した抱腹絶倒の処女エッセイ集。ロングセラーであります。

目次

今日からタバコをやめられる―でなくても禁煙をやめられる
助手との対話
愛ってなんぼのものであるか?―懐疑主義的恋愛論
わたしのプロフィール
人間を定義するのは不可能である
あなたも今日から老化が楽しめる
汝みずからを笑え
あなたも今日からワープロが好きになる
洗濯の概念―大きい顔をされないための概念分析
わたしはこうして健康に打ち勝った〔ほか〕