双葉文庫<br> 東京鬼譚

個数:1
紙書籍版価格 ¥534
  • Kinoppy
  • Reader

双葉文庫
東京鬼譚

  • 著者名:菊地秀行
  • 価格 ¥440(本体¥400)
  • 双葉社(1997/02発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784575505979
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

内容説明

結婚する前、祥子は妙なことを呟いた、「私はここにいてはいけないんです、つまり、あなたは生きていて、私はそうじゃない」と。繊細なガラス細工を思わせる血の薄い貌と、哀しいくらい細っこい手足は、周囲の人たちにも透明な影ほどにしか感じられなかったに違いない。祥子はいったいどの世界に属しているのか?『墓碑銘』。他9編を収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

グレ

5
存在感の薄い二人。「人が多すぎる」失踪する人々。風俗嬢のドッペルゲンガー。浮浪者に優しい飯店。犯罪者の怪我ば治す薬売り。麻薬が必要な堀の主。石で男ば潰し殺しても三年。安達ヶ原の鬼婆に浅茅ヶ原伝説。古本屋に紛れ込んでる欠陥本。ゴジラよりも津波が怖い。家政婦との関係と、母の不倫。2015/11/23

ma-no

1
短篇の名手、ここにあり。「1・2・3」ではなく、「1・3・飛んで6」と描写されてゆく、切れ味鋭い文章が、想像力をかきたてます。2012/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/371110

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。