文春文庫<br> 涼しい脳味噌

個数:1
紙書籍版価格 ¥523
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
涼しい脳味噌

  • 著者名:養老孟司
  • 価格 ¥519(本体¥472)
  • 文藝春秋(2016/05発売)
  • 体育の日記念!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~10/14)
  • ポイント 100pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

少し前までは「身体髪膚、これを父母に受く」と教えられたものだ。ところが、“武士は食わねど高楊枝”と言い出したあたりから、日本人は精神第一主義に走り「身体」を置きざりにしてきた。脳死や臓器移植が取沙汰される昨今、改めて「心と身体」について考えてみたい。生身の人体を陳列した「人体博物館」があると良いのだが……。ベストセラー『バカの壁』著者による、64のコラム。思想、言語、権力、文化、教育を自然と相対させ、生命の本質を抉り出す。

目次

残された唯一の自然
人体の博物館
日本の思想
プラスティック人間創世紀
殴るとはどういうことか
人形とはなにか
言語とはなにか
日本語の特徴
手続きはなぜあるか
正しいとはどういうことか〔ほか〕