中公新書<br> 遊女の江戸 苦界から結婚へ

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader

中公新書
遊女の江戸 苦界から結婚へ

  • 著者名:下山弘【著】
  • 価格 ¥726(本体¥660)
  • 中央公論新社(2011/12発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「遊女が結婚する」――江戸時代、男の享楽の道具として、一見、華やかで、その実、苛酷な運命を強いられ卑しめられる存在だった遊女たちにも結婚の話がなかったわけではない。浮世に流されることなく苦界の垢を清めようとしたもの、「人並み」の結婚生活を夢見たもの――その人生は様々だった。本書は、賢くも逞しく「遊女のその後」を生きた女や願いかなわず身を持ち崩した女、これに関わる男の話を、随筆から拾って紹介する。

目次

1 結婚に執着した遊女たち
2 遊女の結婚資格
3 遊女を眺める眼差し
4 遊女に執着した男たち