社会の科学入門シリーズ<br> 生類憐みの令 - 道徳と政治

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

社会の科学入門シリーズ
生類憐みの令 - 道徳と政治

  • 著者名:板倉聖宣
  • 価格 ¥1,408(本体¥1,280)
  • 仮説社(1992/08発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784773501025
  • NDC分類:375.3

ファイル: /

内容説明

道徳的にせよ政治的にせよ,正しいこと,正義を広め実現していくには,社会の運動法則をきちんと見極めてかからないと,とんでもない逆効果をおこしかねない。世界で最初のもっとも徹底した動物愛護の法令を定めたのは徳川将軍・綱吉だった。俗説と異なる理想主義を検証し,道徳や政治の問題を社会の法則とからめながら考えることができる。〈生類憐みの令〉の実態を初めて明らかにした本。

★★ もくじ ★★
第1部 〈生類憐みの令〉の範囲
第2部 〈生類憐みの令〉の成果 ……犬の場合
第3部 〈生類憐みの令〉の起源とその継続と廃止
第4部 〈生類憐みの令〉年表 ……本文にもれた話
付 録 授業書〈生類憐みの令〉
※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

目次

第1部 〈生類憐みの令〉の範囲
第2部 〈生類憐みの令〉の成果―犬の場合
第3部 〈生類憐みの令〉の起源とその継続と廃止
第4部 〈生類憐みの令〉年表―本文にもれた話
付録 授業書〈生類憐みの令〉