破船

個数:1
紙書籍版価格 ¥605
  • Kinoppy
  • Reader

破船

  • 著者名:吉村昭
  • 価格 ¥528(本体¥480)
  • 新潮社(2013/05発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101117188

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

二冬続きの船の訪れに、村じゅうが沸いた。けれども、中の者は皆死に絶えており、骸が着けていた揃いの赤い着物を分配後まもなく、恐ろしい出来事が起った……。嵐の夜、浜で火を焚いて、近づく船を座礁させ、積荷を奪い取る――僻地の貧しい漁村に古くから伝わる、サバイバルのための過酷な風習“お船様”が招いた海辺の悲劇を描いて、著者の新境地を示す異色の長編小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

571
読み終わるのが惜しかった。農作物といえばヒエ・アワくらいしか作れない、崖っぷちにへばりつくような寒漁村に暮らす人びと。彼らには他村民には言えない秘密があった…。これでもか、これでもかと読者をも痛めつける彼らの貧困。ある意味読者に投げっぱなラスト。吉村さんの「ものすごい」作品をまた読んでしまった。読後改めて表紙を見てみると、村人の抱く赤い着物がもの哀しい。2022/04/24

W-G

408
気になっていた吉村昭氏。因習の村系の作品。頁数の少なさからは想像つかない濃さが充満している。淡々と事務的な文体で土俗的な世界が描写されており、それゆえに、村人にとってはあくまで"日常"に過ぎない事が強調されて伝わってくる。時代背景が文中では不明なので、この後で検索してみようと思う。それくらい興味をひかれる。"お船様"の発想というか、昔の日本の因習等は、思考の飛び方が凄いものがある。後、解説が最悪。何事も無かったように物語の粗筋を詳細に説明しきっている。『生麦事件』と『羆嵐』も近い内に読んでみたい。2016/10/23

青乃108号

187
この物語、容赦ない。海沿いの寂れた村落。年季奉公に出さねば家族が飢えてしまう厳しい環境下での生活が、春夏秋冬それぞれ克明に3年分、繰り返し繰り返しまた繰り返し描かれる。何度も何度も。この辺り【そして同様に3年経った】とかの記述で省略はされない。当事者も辛かろうが読む方も辛い。その分、【お舟様】が漂着し豊富な米などの積み荷にありつけた歓喜はストレートに伝わってくるし、船員の生き残りを無情にも打ち殺してしまう狂気にも納得できてしまう。しかしその後村全体をみまう悲劇はあまりに残酷で、この物語、容赦ない。 2022/05/24

たっくん

167
ある浜辺の貧しい寒村。古くからある村の仕来り、村で消費し隣村で穀物と交換するための浜での塩焼き・・それは「お舟様」、村の前面に広がる岩礁の多い海での破船を誘う村のしきたり。船主を殺し、船荷を奪う、お舟様の到来で飢えの恐怖から解き放され、二、三年は、年季奉公に身を売る者もなく暮らすことが出来る。ある年もお舟様が来た、ほとんど船荷の無い舟、乗り組んだ者は、何故か例外なく赤い着物、帯、足袋、そして赤い猿の面をつけていた・・村の風習「お船様」が招いたある悲劇、過酷な現実。重い、佐渡島の寒村の話らしい。2018/01/08

JKD

154
岬の断崖で閉ざされた地勢により孤立化した貧村の過酷な不幸の物語。海や山で採れるわずかな食糧で飢えを凌がなければ生きていけないこの村唯一の望みはお船様。全てはお船様の恵みを得るために。生きるためとはいえ悪事を正当化するととんでもないしっぺ返しを受ける。村全体がタチの悪い宗教団体のようで素直に受け止められない強烈な不気味さ。何とも言えない緊張感を味わいました。2021/03/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/545272

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。