週刊東洋経済 (2017年10月14日号)

個数:
  • ポイントキャンペーン

週刊東洋経済 (2017年10月14日号)

  • ご利用前にこちらをお読みください。
  • 価格 ¥690(本体¥639)
  • 東洋経済新報社(2017/10/07発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 12pt
  • 提携先に20冊在庫がございます(2017年12月15日 17時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • 刊行 週刊誌
  • A変
  • 商品コード 4910201321070

基本説明

地価崩壊~2022年生産緑地問題、地方土地問題、相続他|

詳細説明

【特集】
●生産緑地、相続激増、人口減少…
  地価崩壊が来る 

Part1
 ◇大都市
   郊外から始まる没落カウントダウン
    つかの間の地価上昇はやがて終焉を迎える
  ・第一人者が解説!Q&Aニッポンの土地問題
  ・一目でわかる大都市圏 生産緑地MAP
  ・生産緑地現場ルポ 駅近の好立地や耕作放棄地など様々
  ・解除まであと5年 対策に動く国・自治体
  ・緑地活用ビジネスに前のめりの業者たち
  ・地価変動率ランキング 都心近郊で上がる街 下がる街
Part2
 ◇地方
   疲弊する街で土地が捨てられる
    「所有者不明土地」が増え続ける理由
  ・悪戦苦闘した南三陸 復興を妨げた所有者不明土地
  ・第一人者が解説!Q&A所有者不明問題の核心
  ・「立地適正化計画」で街の選別は進むのか?
  ・中国資本はなぜ北海道を買いあさる?
  ・過去の開催地が立証 不動産に五輪効果なし
Part3
 ◇実用編
   人口縮小時代の備え方&相続
    2020年以降、相続大量発生の大衝撃
  ・第一人者が解説!Q&A相続と土地の問題
  ・郊外・地方の土地持ち 相続5つの鉄則
  ・インタビュー 売り時と買い時はいつからやってくるのか
    石澤卓志 みずほ証券上級研究員
    沖 有人 スタイルアクト社長・不動産コンサルタント
  ・10年後を見据えた失敗しない土地選び
  ・全国人口流動ランキング 新陳代謝のある街・ない街
  ・生産緑地は、不動産市場を盛り上げる? 


【現地リポート】
◆ファーウェイ 強さの研究
  『世界最先端の経営学』著者 入山章栄氏と潜入


【深層リポート】
◆歯科医になれない!?私大歯学部の過酷な現実
◆中国はなぜ北朝鮮に甘いのか


【ニュース最前線】
◆ヤマトが強気の値上げ 大口荷主に広がる波紋
◆食品スーパー戦々恐々 生鮮扱うドラッグストア
◆理念よりも党利党略 小池「希望の党」の変質
◆日産で検査不備が発覚 「リーフ」門出に冷や水
◆スシローと元気寿司 経営統合決定の舞台裏


…ほか

 

同じシリーズの商品一覧

全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす