表現者クライテリオン (2019年9月号)

個数:

表現者クライテリオン (2019年9月号)

  • ご利用前にこちらをお読みください。
  • 価格 ¥1,337(本体¥1,238)
  • 啓文社(2019/08/16発売)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに25冊在庫がございます。(2019年08月20日 06時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • 刊行 隔月刊誌
  • A5
  • 商品コード 4910074050992

基本説明

MMTと日本|

詳細説明

【特集1】
●MMTと日本――現代貨幣理論の真実

 ◇財務省から財政主権を取り戻せ!(MMT政治座談会)
   竹内譲・西田昌司・藤井聡
 ◇国家が貨幣をつくる
   柴山桂太
 ◇MMTと主流派経済学者の危機
   青木泰樹
 ◇「日本はMMTの実証例」のもう一つの意味
   島倉原
 ◇固定観念を払拭し、「本来あるべき政府の財政」を取り戻せ
  ――翻訳者が読み解く『MMT 現代貨幣理論入門』
   鈴木正徳
 ◇日本の財務大臣、MMTに被害妄想を抱く
   ビル・ミッチェル(中筋浩平訳)
 ◇内生的貨幣供給論とは何か――現代の貨幣経済を読み解く
   内藤敦之
 ◇現代貨幣理論(MMT)の思想的源流
   岡本英男
 ◇MMTとは「ロマン派経済学」である
  ――ステファニー・ケルトン教授来日公演レポート
   池戸万作
 ◇貨幣観が変われば、歴史観も変わる
  ――中野剛志『富国と強兵 地政経済学序説』を読む
   田中孝太郎
  
  
【特集2】
●「第二次世界大戦」とは何だったのか

 ◇百年の欺瞞を暴け
   長谷川三千子
 ◇日本に戦略ありや?――作戦と戦略を取り違えてはいけない
   野中郁次郎
 ◇繰り返される悲劇
   柴山桂太
 ◇大衆の戦争としての二次大戦
   磯邉精僊
 ◇失われた政府への信用
   佐藤健志(一言一会)
 ◇「特攻文学」をめぐって
  ――吉田満『戦艦大和ノ最期』・島尾敏雄『出発は遂に訪れず』
   施光恒&編集部(対米従属文学論 鹿児島特別編)
  
  
《新連載》
◆思想の転換点――平成から令和へ
  第1回(前半)ポストモダン/新自由主義から、暗黒啓蒙へ
   宮崎哲弥・松尾匡・中島岳志・藤井聡


…ほか

 

同じシリーズの商品一覧

全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす