中央公論 (2021年4月号)

個数:

中央公論 (2021年4月号)

  • ご利用前にこちらをお読みください。
  • 価格 ¥950(本体¥864)
  • 中央公論新社(2021/03/10発売)
  • ポイント 8pt
  • 提携先に15冊在庫がございます。(2021年04月18日 08時52分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • 刊行 月刊誌
  • A5
  • 商品コード 4910061010411

基本説明

非常時のリーダー学|

詳細説明

【特集】
●非常時のリーダー学
  ――文明の転機に問われるもの

〈対談〉
 ◇コロナ禍で3・11の反省は生かせたか
   「権力行使という難問」に挑む 民主国のリーダーたち
    遠藤 乾×三浦瑠麗
 ◇カエサルの大局観、大久保利通の独裁力……
   古今東西の偉人に学ぶ 危機突破の要諦
    御厨 貴×本村凌二

 ◇「感染防止至上主義」の有権者が政権に求めるもの
   世論調査に見るコロナ下の理想のリーダー像
    遠藤晶久×三村憲弘×山崎 新
 ◇ポスト工業社会と「賢い財政」
   二重の危機における明日を切り拓く
    神野直彦
 ◇文明危機の今こそグランドデザインを
   AIが示唆する「分散型」と超長期視点にみる「定常化」
    広井良典
 ◇民意の把握と迅速な政策立案というジレンマ
   熊本県知事は「緑の流域治水」を「球磨川モデル」になしうるか
    今井亮佑
 ◇民主党政権の原発事故対応から学んだ政治家の役割
   国家の危機に命を懸けるのは誰なのか
    細野豪志


【森会長辞任、波乱のオリンピック】
◆会長人事の舞台裏、開催への内憂外患
  橋本聖子新会長よ、IOCとは 右手で握手、左手で頬を張れ
   二宮清純
◆「自然主義の誤謬」と「わきまえない女」〔時評2021〕
  内田麻理香
◆東大の大人気「ジェンダー論」発
  「森発言のどこが悪い」派も 「辞任は当然」派も必読講座
   瀬地山 角


◆分科会メンバーの鳥取県知事が語る
  地方には地方のコロナ対策がある
   平井伸治
◆一位台湾、二位NZ……、日本は何位?
  新型コロナ対応国別ランキング
   高山武士

◆東日本大震災から10年──世界の知性から日本の友人へ
  「神話」崩壊後に見せた 日本の強さと待ち受ける課題
   エマニュエル・トッド×聞き手:鶴原徹也
◆勢い増す中国の軍事的脅威
  ミサイル防衛から反撃力へ──日本の戦略の見直しを
   北岡伸一×森 聡


…ほか

 

同じシリーズの商品一覧

全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす