The New Killing Fields : Massacre and the Poitics of Intervention (Reprint)

個数:
  • ポイントキャンペーン

The New Killing Fields : Massacre and the Poitics of Intervention (Reprint)

  • ウェブストア価格 ¥2,566(本体¥2,333)
  • Basic Books(2003/08発売)
  • 外貨定価 US$ 16.99
  • ウェブストア限定 全点ポイント5倍キャンペーン(6/24~6/28)※店舗受取はキャンペーン対象外※
  • ポイント 115pt
  • 提携先の海外書籍取次会社に在庫がございます。通常3週間で発送いたします。
    重要ご説明事項
    1. 納期遅延や、ご入手不能となる場合が若干ございます。
    2. 複数冊ご注文の場合、分割発送となる場合がございます。
    3. 美品のご指定は承りかねます。
  • 【重要:入荷遅延について】
    ウクライナ情勢悪化・新型コロナウィルス感染拡大により、洋書・洋古書の入荷が不安定になっています。詳しくはこちらをご確認ください。
    海外からのお取り寄せの場合、弊社サイト内で表示している標準的な納期よりもお届けまでに日数がかかる見込みでございます。
    申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
  • 製本 Paperback:紙装版/ペーパーバック版/ページ数 288 p.
  • 言語 ENG
  • 商品コード 9780465008049
  • DDC分類 909

Full Description


The question of the responsibility inherent in the unrivaled might of the U.S. military is one that continues to take up headlines across the globe. This award-winning group of reporters and scholars, including, among others, David Rieff, Peter Maass, Philip Gourevitch, William Shawcross, George Packer, Bill Berkeley and Samantha Power revisit four of the worst instances of state-sponsored killing- Cambodia, Yugoslavia, Rwanda, and East Timor- in the last half of the twentieth century in order to reconsider the success and failure of U.S. and U.N. military and humanitarian intervention.Featuring original essays and reporting, The New Killing Fields poses vital questions about the future of peacekeeping in the next century. In addition, theoretical essays by Michael Walzer and Michael Ignatieff frame the issue of intervention in terms of today's post-cold war reality and the future of human rights.